東京の難読駅名 ~ 東京周辺マップは駅名が「ひらがな」です

2020年7月14日

日本各地にある駅の名前には、何と読むのか分からないものが多くあります。そして東京は、駅の数が多いこともあり、難読な駅名の宝庫です。

そこで、「東京周辺マップ オリンピックエディション」を使って、いくつかの駅を紹介します。東京周辺マップでは、駅名にひらがなを使用しています。これは、読み方が分かることと、地名と駅名が同じ漢字だと混在して分かりにくいからという理由があります。

それでは、いくつかの駅を紹介します。

1.軍畑 いくさばた

軍畑駅は、JR青梅線にあります。個人的に何度も利用した駅なので、読み方は知っていました。軍畑駅は高水三山の登山口にあるため、良く利用していたのです。しかし登山好きな人ならともかく、一般の人では読めないですね。

昔に合戦が行われたことから、この名前があるようです。

2.馬喰町 ばくろちょう

馬喰町駅は、JR総武線にあります。東京都心にも難読な駅が多くありますが、日暮里や御徒町など本来は読めない名前を持った駅でも知名度が高いため読めると言う場合が多いです。そんな中、馬喰町は私には見当が付きませんでした。JR総武線快速の路線にある駅です。

東京周辺マップのver 0.35まで、馬喰町は載っていません。すっかりノーマークだったので、ver 0.40から追加します。

3.福生 ふっさ

福生駅は、JR青梅線にあります。東京都の中にある福生市の駅ですからマイナーとは言い難いですが、東京に住んでいないと福生市自体知らない場合が多いです。また、難読でも近い読み方ができる場合も多いですが、「ふっさ」とは想像の範囲を超えています。

4.九品仏 くほんぶつ

東急大井町線には難読な駅名が多いですが、九品仏が一番読みにくいのではないでしょうか。ちなみに私は大井町線を利用していたので知っていました。

近くにある浄真寺に「九品阿弥陀仏」という仏像があり、それが九品仏の地名となったようです。

5.舎人 とねり

舎人駅は、「日暮里・舎人ライナー」にあります。日暮里・舎人ライナーは2008年開業の新しい路線で、私は全然知りませんでした。

東京周辺マップを作っている時は「しゃじん」と勝手に読んでいましたが、「とねり」が正解でした。難しすぎます。

6.東京周辺マップの駅名表示をローマ字にもできます

Androidの設定画面で、使用する言語を日本語以外にすると、駅名や空港名などがローマ字表記になります。androidのメニューもすべて日本語以外になってしまいますが、ローマ字で駅名を確認したい人は試してください。

7.他の変わった読み方の駅名も探してみよう

東京には、まだまだ難しい読み方の駅がたくさんあります。ぜひ東京周辺マップを使って探してみてください。