JR北海道の2019年春ダイヤ改正で直別駅、尺別駅、初田牛駅が廃止駅に

2020年7月14日


さっぽろ周辺マップ 釧路」

JR北海道の2019年春ダイヤ改正で、地元の根室線にある直別駅と尺別駅、初田牛駅が廃止になりました。特急が走る本線上にあっても、利用者が少ないことで廃止になるとは厳しいですね。

それでは詳しく見て行きましょう。

1.直別駅

SONY DSC

出典:Wikimedia Commons

直別は、十勝と釧路の県境にあります。直別駅が釧路側にあるため、釧路の町という印象が強いです。

直別にはキナシベツ湿原という北海道有数の広大な湿原があり、自然観察会も行われています。しかし知名度が低く、人知れずの湿原といった感じです。また、直別川が流れていますが、アメマスはいるもののヤマメはいないようです。このように、個人的には関心の強い場所なので、いずれ探索したいと思います。

テレビ東京の所さんの番組で秘境駅として紹介されていましたが、利用する人が本当に少ない駅だったようです。駅舎は立派なので、有効利用して欲しいですね。

2.尺別駅

SONY DSC

出典:Wikimedia Commons

尺別駅は、かつての雄別炭鉱尺別線の終点駅であり、活気のあった駅でした。昔は浦幌町と旧音別町との間に炭鉱があって、両町ともにぎわいました。しかし閉山後、炭鉱のあった場所に人はいなくなり、尺別駅も利用の少ない駅となりました。そして、ついに廃止の時を迎えました。

3.初田牛駅

SONY DSC

出典:Wikimedia Commons

根室線も釧路を過ぎると、普通列車のみのローカル線になります。その釧路から根室の間は花咲線と呼ばれ、JR北海道の単独維持が困難な路線に選ばれています。初田牛駅はその花咲線にあり、簡単なプレハブの駅舎がある秘境駅でした。


さっぽろ周辺マップ 根室」

花咲線は景色の良い場所を走るため、観光で利用を促進しようという取り組みがなされています。JR北海道のサイトでも花咲線の楽しみ方が紹介されていますので、ぜひご覧ください。

花咲線の新しい楽しみ方

4.根室線の廃止駅が続きます

根室線にある駅の廃止が続いています。今回は釧路、根室でしたが、その前は十勝で駅の廃止がありました。新得から富良野の間の復旧は進まず、おそらく廃止となるでしょう。

私は小さい時から根室本線を利用していたので、いつまでも存続して欲しいですが、時代の流れには逆らえません。こうして記録としてだけは残していきたいと思います。