KML形式ファイルをGarmin GPSで使用する

kmlファイルをGarmin GPSへ転送する方法を以下に示します。JSMAP2で作られたkmzファイル(kml形式の圧縮形式)を利用する場合に適用されます。

1.WindowsマシンにGPS を接続する。

Garmin GPSはCustomMaps対応機種である必要があります。最近の地図表示あり機種なら問題ないと思いますが、調べてください。

2.Windowsエクスプローラーで確認する。


ドライブにGarmin機種が表示されればOKです。

3.kmzファイルを選択する


エクスプローラーでkmzファイルを選択し、クリップボードへコピーします。

4.Garmin GPS フォルダに貼り付ける


Garmin GPSドライブのCustomMaps フォルダに貼り付けてください。Custommapsフォルダが存在しない場合は、作成してください。

注意点としては、Custommapsフォルダにはファイルを1つだけ置いてください。Garmin GPS では、地図の枚数が100枚程度までと制限されているので(kmzは圧縮しているため、中に複数枚の地図が入ってます)、複数のkmzファイルを置くと制限枚数を超えてしまいます。

5.Garmin GPSで確認する


Garmin GPSをWindowsマシンから切り離し、起動します。機種やOSのバージョンにより変わってきますが、[設定]「地図」「地図情報地図選択」を選んで、転送したkmz ファイルが有効になっているかを確認してください。

以上でkmz 地図をGarmin GPS で使用できます!。

6.KML形式ファイルを作るには?

kunimiyasoftで提供しているKML形式地図は限られていますので、欲しいものがない場合も多いでしょう。そこで、国土地理院地図を使ってKML形式地図を自作すると良いでしょう。作成には「カシミール3D(SUGIMOTO Tomohikoさん作)」を使うと簡単に作成できます。以降、手順を紹介します。

作成する地図の範囲を指定する

カシミール3Dを起動したら、「編集」「選択範囲を決める」を選択します。

地図範囲を決める

範囲の左上でクリックして、右下にドラッグして範囲を決定します。

マップカッターを起動する

「ツール」「マップカッター」を選択し、サブメニューの「切り出し」を選択します。

KMLファイルの各種設定を行う

KMLファイルの設定を行います。例の地図範囲は狭いので、1ファイルのみの指定にしています。範囲が広い場合は、適当なサイズで分割します。複数の画像ができますが、圧縮されて1つのkmzファイルになるので問題ありません。

動作するか確認する

動作の確認は、上で紹介したやり方で行ってください。kmzファイルはグーグルアースでも表示できます。

7.Garmin GPSはどれを買えば良いか?

Garmin GPSのおすすめを、別サイトの「kunimiyasoftアイテムセンター」で紹介しています。よろしければどうぞ。

kunimiyasoft アイテムセンターへ