WF-Camera

2021年9月2日

WF-Cameraは、当サイトのAndroid講座で紹介したカメラ記事のプログラムを完成形にしたものです。必要最小限の機能しかありませんが、5×5のマトリクスでフォーカス位置を指定できる機能を持っています。

ボタン類を最小限にして誤動作を抑えています。カメラ記事を読んだ方など、よろしかったら使ってみてください。ちなみに、Android10以上のOSでのみ動作します。ご注意ください。

2021年9月、リリース開始しました!

1.カメラ記事

カメラ記事は、以下からアクセスできます。

2.できること

WF-Cameraは、最低限の写真撮影機能を持ちます。

  • 全自動による写真撮影
  • 5×5マトリクス選択によるフォーカス指定撮影
  • シャッター速度とISOを指定して撮影するマニュアル露出撮影
  • スマートフォンを横にした撮影を基本とします。縦位置で撮影した写真は、ビューアーで90度回転させてください。
  • 動画撮影はできません
  • ズーム機能は搭載しません
  • 外側のメインカメラのみ使用します
  • フラッシュは使えません

3.使い方

基本的に、シャッターボタン(カメラのアイコン)を押せば、写真が撮れます。モードを変える場合は、設定ボタン(右下のボタン)を押します。

フォーカス選択モード

フォーカスの合わせ方には、オートフォーカスセレクトフォーカスの2種類があります。セレクトフォーカスの場合は、5×5のマトリクスが画面上に表示されますので、合わせたいマス目を選択してください。

オートフォーカスセレクトフォーカスの切り替えは、設定の中のフォーカス選択で行います。スイッチを入れるとセレクトフォーカスになります。

選択のない状態でシャッターを切ると、「フォーカスポイントなし」とメッセージが出て写真が撮れません。

マニュアル露出モード

マニュアル露出モードでは、シャッター速度ISOを設定して写真が撮れます。設定画面にあるシャッター速度とISOの設定で行います。

オート露出モードマニュアル露出モードの切り替えは、設定にある露出選択で行います。スイッチを入れると、マニュアル露出モードになります。

撮れた写真の保存先

撮影した写真は、ファイルマネージャー写真フォルダの中にあるPicturesフォルダに保存されます。また、写真アプリに格納される機種もあります。この辺は機種依存するので、各自確認してください。

音量(小)ボタンにシャッター割り当て

スマートフォンの音量(小)ボタンにシャッターを割り当てています。押しにくいですが、物理シャッターで写真を撮りたい方は利用してください。

4.WF-Cameraの プライバシーポリシー (Privacy Policy)

  • MediaStoreの使用
    撮影した画像をMediaStoreを使用して保存します
  • ストレージの使用
    撮影した画像を内蔵ストレージに保存します
  • カメラの使用
    写真の撮影・プレビューに利用しています
    撮影された画像を内蔵ストレージに保存します
    カメラ権限を要求します
  • 個人情報
    WF-Cameraを利用する際に個人情報は取得しません。また、撮影した画像ファイルにスマートフォンの情報や撮影情報を保持させていません。

5.注意事項

(1).当アプリを利用した際の、直接的または間接的な損害・損失・不利益・精神的苦痛などに対して、kunimiyasoftは一切責任を負わないものとします。

(2).アイコンに使用した画像は、イラストACにある画像を利用しました。

Posted by kunimiyasoft