釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ ~ 新競技の会場になります



「東京周辺マップ 釣ヶ崎海岸サーフィンビーチは27番 ※地図の「とらみ」は「ひがしとらみ」」

2020年の東京オリンピックで新しく採用されるサーフィン競技。その会場に、九十九里浜にある釣ヶ崎海岸が選ばれました。釣ヶ崎海岸は、サーフィンに適した波が安定しているため、国内屈指のサーフィン場となっています。


出典:一宮町公式

釣ヶ崎海岸はサーフィン会場としての設備も整っており、国際大会も開かれます。夏真っ盛りに開かれるサーフィン競技は、熱気に満ちたものになるでしょう。

1.行われる競技

オリンピック競技

サーフィン:7月26日~29日 ※8/2まで予備日

      24 25
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9
パラリンピック競技

なし

2.出場選手

決まり次第、反映します。

3.見どころ

サーフィンの紹介動画が登録されています。※youtubeへ移動してご覧ください

4.アクセス

JR外房線の「東浪見駅」が会場に一番近いようですが、少し距離があります。詳しいアクセス方法は、決まり次第、反映します。