PNG画像を品質を保ったまま圧縮する方法

2020年7月16日


サイト「PNGイメージをオンラインで圧縮する」より

私の作った地図アプリの「さっぽろ周辺マップ」と「東京周辺マップ」では、地図画像をアプリケーション内に備えています。そのため、アプリサイズの大半を地図が占めてしまっています。仮に地図をオンラインにするとデータ通信が頻繁に起こるので避けていますが、できれば地図サイズを小さくしたいです。

搭載する地図は、最初はBMP画像で作成し、その後でPNG画像に変換しています。JPEGは劣化が目立つので使わないのですが、PNGはサイズが大きめなのが欠点です。(といってもJPEGで保存する方が、サイズが大きい時もあるので一概には言えません)

そこで、東京周辺マップで使う地図は、PNG画像を圧縮してくれるサイトを利用してファイルサイズを減らしています。

PNGイメージをオンラインで圧縮する

使い方は、圧縮したいPNGファイルをサイト画面の上にドラッグして、指定の場所でドロップします。するとPNGファイルがアップロードされて、その後に圧縮されます。アップロードできるファイルの数は、20個までになっています。

圧縮されたPNGファイルはサーバー側にあるので、ダウンロードします。「compresspng.zip」のファイル名でダウンロードされるので、解凍すれば圧縮されたPNGファイルを入手できます。

今(投稿時)、さっぽろ周辺マップの地図も対応中で、「帯広」の地図画像ファイルを圧縮したものが、冒頭の画像です。元の画像のファイルサイズが、6割弱も圧縮されているのが分かります。これによりアプリケーションのサイズを軽減できるだけでなく、地図表示の速度も向上します。

とても便利なサイトなので、みなさんも使ってみてはいかがでしょうか。