南米エクアドル ガラパゴス諸島で火山噴火 ~ 場所を紹介します!

2022年1月16日

2022年1月6日、南米のエクアドルにあるガラパゴス諸島の火山、ウォルフ火山が噴火しました。

ガラパゴス諸島は独自の進化を遂げた動物が多いことで知られていますが、恥ずかしながらエクアドルにあるということも初めて知ったし、どのような構成の諸島なのか分からないということで、地図アプリケーション「日本周遊マップ」で探してみました。

南米の西海岸、赤道直下付近にエクアドルがあります。その西海上に、島がありますね。

拡大すると、ガラパゴス諸島でした。数多くの島々で構成されています。

一番大きな島を中心に拡大してみます。今回、噴火したウォルフ火山は、イサベラ島にあるそうです。一番大きな島がイサベラ島でした。

ウォルフ火山はイサベラ島の北部にあるとの事です。拡大すると火山マークが出てきました。中央右の火山がそうでしょうか?

ウォルフ火山でした。地図を見ると、大きなカルデラがあるようです。近年は2015年に噴火しています。

ピンクイグアナ ?

ウォルフ火山には、絶滅が危惧されているピンクイグアナが生息しているのですが、今回の噴火では被害がないようです。しかし、今後の噴火の推移によっては、どうなるか分かりません。

何か変わったことがあれば、追記します。