紅葉の名所 利根別自然休養林

2020年10月20日

地図は「さっぽろ周辺マップ 札幌」より

私が野幌森林公園と並んで好きな森が、利根別自然休養林です。利根別自然休養林は、岩見沢市の市街に隣接して、いわみざわ公園や北海道グリーンランド、キャンプ場にも隣接しているにも関わらず、自然がとても豊かなのです。

利根別自然休養林は、利根別自然公園として整備されています。遊歩道も整備されていますので、ぜひ歩いてみてください。

1.利根別自然公園

出典:ウィキメディア・コモンズ

利根別自然休養林の入り口には大正池というため池があります。この周囲が利根別自然公園として整備されています。駐車スペースの先に、利根別原生林ウォーキングセンターがあるので、森の状況を確認することをおすすめします。トイレもありますから、まずは立ち寄りましょう。

大正池の周辺は、水芭蕉などの野花や鳥の観察ができます。大正池はため池なので、池そのものでは楽しめません。

出典:ウィキメディア・コモンズ

入口から少し進むと広場があります。ここはキャンプ場なのですが、駐車場から離れているため、利用する人はとても少ないです。また、ヒグマの出没により閉鎖になる場合もあります。利用する場合は、ウォーキングセンターで手続きをします。利用は無料ですが、寂しくても平気な人向けの上級者用のキャンプ地です。(心霊スポットでもありますので、飲んで騒いではやめた方が良いです)

2.3つの遊歩道

利根別自然休養林には、3つの遊歩道があります。

樹木観察コース
野鳥観察・眺望コース
水と緑と歴史をめぐるコース

この中で、「水と緑と歴史をめぐるコース」は閉鎖状態です。地図を見てもルートがありません。最初に「樹木観察コース」に入り、次に「野鳥観察・眺望コース」に入って時計回りで自然林を一周すると良いでしょう。

野幌森林公園との違いは、コースに起伏があることです。最高点でも141mほどしかありませんが、変化に富んだ地形を楽しめます。ただ、面積は野幌森林公園の方がずっと広いです。

森の中にはエゾフクロウがいます。ちょっと昔には、樹木観察コースに定着しているエゾフクロウがいました。今はいないようですが、森の中のどこかにはいるので、注意して歩くと良いでしょう。周囲にため池が点在するので、鳥の種類は豊富です。

3.紅葉がとてもきれい

春の新緑の時期も楽しめますが、秋の紅葉がとてもきれいです。特にカエデ類の紅葉がすばらしいです。紅葉は赤が人気ですが、イタヤカエデの黄色もきれいです。遠くの紅葉の名所に行かなくても十分楽しめますよ。

4.アクセス

利根別自然休養林への入り口は、少し分かりにくいです。札幌からでは、国道12号を旭川方向へ進み、岩見沢市街に入って国道234号線に入る交差点を過ぎて、次の交差点を右に入ります(駅前通り)。しばらく進んで行くと、利根別原生林の入り口案内があるので、そこを左へ曲がって進みます。高速道路を渡ると、利根別自然公園の駐車場です。