新得町のキャンプ場 ~ 無料でも管理が良いです

2022年10月24日

sintokucamp-1
サホロ湖 (キャンプ場は左)

地図アプリ「日本周遊マップ」のver 2.742を登録しましたが、十勝地方のキャンプ場が追加になっています。そこで、ここでは新得町にあるキャンプ場を紹介します。新得町にあるキャンプ場は無料である(一部は有料)にも関わらず管理状態が良くて、これで無料なの?と思うほどです。

それでは、紹介していきましょう。

※紹介するキャンプ場へは全て行っている(泊まっていない場所はある)のですが、写真を撮っていません。今後、行く機会があれば撮ってきます。

1.サホロ湖キャンプ場

sintokucamp-2

サホロ湖キャンプ場は、サホロ湖右岸にある広大なキャンプ場です。これだけ広くて管理されたキャンプ場なのに無料なんて信じられません。大切にルールを守って利用しましょう。

サホロリゾートが近いですが、連絡路はダートで高低差があり、行き来しやすいとは言えません。ここはサホロ湖キャンプ場のみに留めて、静かで開放的なキャンプを十分楽しむと良いでしょう。

サホロ湖では釣りができますが、有料の場合が多いので良く確認しましょう。冬はワカサギ釣りを楽しめますが、その時期のキャンプ場は閉鎖されています。

2.狩勝高原キャンプ場

sintokucamp-3

狩勝高原キャンプ場は、サホロリゾートの直前、南側に位置する無料キャンプ場です。近くにサホロ湖キャンプ場があるのにと思いますが、新得町総合体育館が隣接しているので、テニスや室内球技などを楽しめる特典があります。

また、サホロリゾートがすぐ近くなので、レストランやカフェも利用できます。何かと便利なキャンプ場です。

3.十勝ダムキャンプ場

sintokucamp-4

十勝ダムキャンプ場は、十勝ダムの直下にある無料のキャンプ場です。ここにキャンプ場があるなんて、という感じです。どちらかと言うと、十勝ダム直下に施設された緑地で、そこにトイレや水場があるだけの公園にしか見えません。

十勝ダムの直下なので、大雨の後に放水があったら煩いし、怖いです。また、手前の十勝川で釣りをしたいですが、発電用に十勝ダムで取水されてしまっているので、普段はほとんど流れていません。釣りをするなら、十勝ダムの上流での十勝川か、近くのオソウシ川が良いでしょう。

十勝ダムキャンプ場の利用者は少ないですが、十勝ダムの管理事務所や発電所施設があるので特別寂しい感じはしません。しかし、人工物に囲まれているのでキャンプの趣は少ないでしょう。ここは、あくまでも一夜を明かすのを目的としたキャンプサイトと言えそうです。

近くにオソウシ温泉があります。夕食の前にお風呂も良いでしょう。(2022年11月1日から1年間休館します。再開を信じて待ちましょう)

4.トムラウシ自然休養林野営場

sintokucamp-5

トムラウシ自然休養林野営場は、トムラウシ温泉のさらに奥、ユートムラウシ川沿いの林道を進んだ位置にあるキャンプ場です。ここはフリーサイトに炊事場、トイレしかなく、野営場そのものです。ところが有料のキャンプサイト(250円 2022年)で、トムラウシ温泉で受付をする必要があります。

週末ならともかく、平日では他に人がいないかもしれない寂しいキャンプ場です。こんな山奥に管理人が常駐しないのは普通なら考えられませんが、逆に言えば自然そのままの中でキャンプができる場所でもあります。ヒグマを怖く感じなくて、一人でも全然平気な人におすすめのキャンプ場です。

ここにキャンプ場が存在していることが奇跡だと思うので、ちゃんとお金を払ってキャンプするようにしたいですね。

5.新得町のキャンプ場管理に感謝です

sintokucamp-6
トムラウシ温泉

新得町が3つの無料キャンプ場と1つの山奥にある野営場を管理してくれていることは、感謝の何物でもないです。これらキャンプ場を有効活用して、マナーを守って利用していきたいですね。