ラズベリーパイ zero で作ってみたい工作一覧

ラズベリーパイ zeroを使って電子工作をする場合、どのような作品を作成できるでしょうか。思いつくものを列挙してみました。

1.GPSロガーを作る

私は、ラズベリーパイ zeroを使う最初の工作として「GPSロガー」を選びました。これは、私がGPSと地図に関するコンテンツを扱っているからです。

スマートフォンでもできることですが、山ではスマートフォンを電話専用として使う方が良いと私は考えます。そして、今持っているGarminのGPSが古くなってきたため、GPSログを取る専用機が欲しくなりました。

世の中にはGPS受信パーツが実にたくさんあるので、自分好みのGPSロガーを作成できるでしょう。

ここで、今回使うGPSチップが到着しました。

秋月電子の製品で、ラズベリーパイ zeroのGPIOにピンが合わせてあるので、使いやすいです。これを使って、次回から工作を進めます。

2.簡易ディスプレイを接続する

ラズベリーパイ zeroにはHDMI出力がありますが、せっかくのコンパクトさを活かすためにも、小型液晶に出力させても良いでしょう。

特に16桁×2行のキャラクタディスプレイが世の中には多くあるので、利用してみましょう。

私もキャラクタディスプレイを2個持っているので、いずれ接続したいと思います。写真の液晶はGPIOへの接続が多数必要ですが、秋月電子のI2Cキャラクタ液晶であればGPIOのピンの使用も少なくてすむためおすすめです。

3.センサーを接続する

GPS以外にも、いろいろなセンサーがあります。例えば、温度、湿度、気圧、距離などのセンサーです。これらを組み合わせてラズベリーパイ zeroを使えば、計測器として役立ちます。

家の外に百葉箱(古い?)でも作って、マイアメダスみたいなものを作ると面白いと思います。

4.ラジコンを作る


出典:Youtube

モータードライバーICを使って、モーターの出力を制御したり、ステッピングモーターで進行方向を変えることによって、ラジコンを作ることができるでしょう。

コントローラーはスマートフォンを使います。Wi-Fi接続でリモートコントロールすると良いでしょう。

5.ドローンを作る


出典:pixabay

究極の電子工作は、ドローンの作成だと思います。4機のモーター出力を制御し、ジャイロによって前後左右への移動もできるはずです。ホバリングは気圧センサーなどを使います。

でも実際作ってみた人の記事を見ると、簡単ではないようです。いろいろ問題があるとは思いますが、それを解決していく楽しみがあるのが電子工作です。いつかやってみたいですね。

6.まとめ

昔はPICなどのマイコンを使って電子工作をする必要がありました。その工作は、プログラムが特殊なだけでなく、PICにプログラムを書き込むライターも必要で、敷居が高いものでした。

しかし、ラズベリーパイであれば、Windowsやスマートフォンのプログラム知識で電子工作ができます。ハンダ付けは慣れが必要ですが、実験だけであればブレッドボードを使い、ハンダ付けを省略できます。

みなさんも、ぜひラズベリーパイを使って電子工作をしてみてください。