ライラックの名所「川下公園」

2020年7月13日


「さっぽろ周辺マップ 札幌」

2018年の札幌にあるライラックは5月7日に開花しました。これは平年よりも10日も早い開花です。寒い日と暑い日の気温が極端な北海道ですが、全体的には暖かく経過しています。

ライラックは市中心部でも見ることができますが、名所は川下公園です。その川下公園について紹介しましょう。

1.川下公園とは


出典:Wikimedia Commons

川下公園は、白石区にある総合公園です。ライラックが見事な「ライラックの森」、水遊び場の「カナール」と「壁泉」、バーベキューができる「ピクニック広場」、そして野球場やテニスコート、パークゴルフ場があり、屋内施設の「リラックスプラザ」も用意された、一大パークになっています。

2.ライラック

川下公園にはライラックが200種類1,700本も植えられており、圧巻の眺めです。色には、白や紫、青などがあり、そのコントラストがとてもきれいです。

いろいろな種類のライラックが植えられているため、7月上旬位までは楽しめます。

3.リラックスプラザ

川下公園の中核施設で、レストランや幼児コーナー、屋内公園、プールなどがあります。

そして最大の特徴は、お風呂があることです。汗を掻いた後のお風呂は格別です。お風呂はもともと温泉が使われていましたが、今は真湯になっています。少し残念ですが、今は温泉のスーパー銭湯がいっぱいあるので、真湯の方に価値があるかもしれません(べたつかずにスッキリするところ)。

4.リンク

川下公園のリンクを、以下に用意しました。ぜひ、行ってみてください。

川下公園URL:http://www.sapporo-park.or.jp/kawasimo/

(※暗号化されていないので、URLのみ載せます)