Rakuten UN-LIMITに契約変更しました

2020年7月14日

Rakuten UN-LIMITの登場でスーパーホーダイを続ける意味がない

acworksさんによる写真ACからの写真

2020年3月3日に楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT 」が発表されましたが、楽天回線は首都圏のみで、それ以外はパートナー回線を使い、データ容量を使い切ると128kbpsの低速通信になるとのことで、料金プラン「スーパーホーダイ」を継続するつもりでした。

ところが4月8日に「Rakuten UN-LIMIT 」ver2.0が発表され、パートナー回線でデータ容量を使い切っても1Mbpsの低速通信になるだけになりました。

私は「スーパーホーダイ」に加入して2年が経過したため、既に特典が切れています。そのため、1年間の利用料が無料になる「Rakuten UN-LIMIT 」へ契約を変更することにしました。

Rakuten UN-LIMITは特典がいっぱい

Rakuten UN-LIMIT」には特典が多くあり、私の場合は以下の特典が付きました。

  • プラン料金2,980円(税別)が1年間無料 (先着300万人まで)
  • 手続き手数料3,300円(税込み)がポイント還元
  • Rakuten Link 利用で3,000ポイント還元
  • 対応スマホ購入で、私の場合は9,500ポイント還元(4月末で終了)

と、スマホ代金を考慮しても、契約変更した方が得になりました。人により特典の内容が変わりますので、詳しくは楽天モバイル公式をご覧ください。

Rakuten UN-LIMITご紹介特典

終了しました。

Rakuten UN-LIMIT」にはさらに特典があり、紹介した人に3,000ポイント(※)、紹介された人に2,000ポイントが付きます。その方法ですが、「Rakuten UN-LIMIT」へ申し込む時に、紹介者の楽天モバイルIDを入力することにより、2,000ポイントを受け取ることができます。

当然、紹介されて「Rakuten UN-LIMIT」に契約する方がお得です。

もし紹介する人が周りにいらっしゃらない場合、よろしければ私の楽天モバイルIDをお使いください。

私の楽天モバイルID: 2020042801123

※5人までの紹介に有効

スマートフォンの契約を見直そう!

はむぱんさんによる写真ACからの写真

私は、ソフトバンクとのキャリア契約後はMVNOを渡り歩いていました。ここで楽天モバイルがキャリアになったので再びキャリアとの契約になりますが、楽天モバイルとの契約は長くなりそうです。

実は、自分の周りがdocomoやauを使う人だらけで不便を感じることも多かったです。でも、docomoやauで契約している人も、本当にその契約が得なのかを考えて欲しいです。実際に、変更が面倒なのでdocomoのままという人が多いです。

ぜひ、スマートフォンの契約を見直して、お金を節約しましょう。