雑記

日々思った何でもないことを記事にします。特に自然関係を表に出さずに書こうと思います。

車でテレワーク ~ 森の中で仕事してみた

いよいよ日本でもテレワークが本格化してきました。しかし、自宅で仕事をするのも、なかなかたいへんです。 自宅では、家族が気になったり、両隣りがうるさかったりなどで仕事に集中できず、仕事環境として良くない場合も多いでしょう。 そこで、環境の良い場所へ行って、車の中で仕事をするのも良いのではないでしょうか。今はよほどの山奥でも行かない限り、携帯の電波が届かないことはありません。涼しい風が吹く森の中で仕事 […]

それでも春はやってくる ~ 2020年も福寿草が咲きました

世の中はコロナウイルスのニュース一色ですが、そんなことは関係なく某広場の福寿草が咲きました。今回の騒動も、人間の慢心が引き起こしたものではないでしょうか。もっと人は、自然を良く見て謙虚に生きなければならないと思います。 街の中にある水芭蕉の生育地も旬を迎えました。ほんとに小規模で写真にするには難しいですが、春の始まりを確認するために毎年訪れています。 何かと大変なことが続きますが、頑張っていきまし […]

一家に一台はパソコンを用意しましょう ~ Raspberry Piなら低予算で持てます!

出典:Wikimedia Commons 新型コロナウイルスが猛威を振るい、日本全国の小中高等学校が休校になる事態になりました。 そして一か月も休みになると教育の遅れが心配ですが、日本においてはネット授業への対応が非常に遅れており、対処ができていません。その一つの理由に、家庭におけるパソコンの普及率が低いことが挙げられます。 スマートフォンだけでなくパソコンが必要 ブルーカメラさんによる写真ACか […]

苫小牧市へのIR誘致を北海道が断念 ~ 自然を残そう!

地図は「さっぽろ周辺マップ」より 苫小牧市の植苗地区に誘致を進めてきた統合型リゾート計画(IR)ですが、2019年11月29日に鈴木知事が断念することを決断しました。自然保護の観点から私はIRに反対ですが、決して自然保護の高まりが断念の理由とは思えないのが実情です。

カラマツの黄葉

11月中旬になると平地でも主な紅葉が終わりますが、最後の締めくくりとしてカラマツが黄葉になり楽しませてくれます。カラマツの葉は細くて短いのですが、それがびっしりと生えているので、紅葉としても十分見応えがあります。そして、たくさんの葉が落ちて、地面を雪のように覆います。カラマツの葉も落ちてしまうと、1年の終わりを実感します。 今年の地元は、コクワ(サルナシ)、ヤマブドウ、キノコ類などの秋の実りが大不 […]

エゾサンショウウオの揺り籠

いつも行く森に、数十センチ四方の小さな水たまりがあります。写真のように、ほんと小さな水たまりなのですが、この森の中で重要な役割を持っています。 この水たまりは、1年中水が枯れることがありません。ちょうど湧き水が出る場所にあり、しかも湧く水の量は少量で、大雨や雪解けでも一定の水量を保って安定しています。近くにはもっと大きな湧水地や砂防ダムの溜まりもありますが、大雨で流されたり枯れたりと安定しない中、 […]