YouTubeへ動画投稿! ~ 動画作成ソフトウェアのご紹介

2021年11月5日

私はこうしてサイト運営をしていますが、やはり今のトレンドは動画です。自作のAndroidアプリケーションをより知ってもらうには、YouTubeへの動画投稿が必要なのではと考えました。

それでは、どのような動画作成ソフトウェアを使えば良いのでしょうか。

1.Adobe Premiere

created by Rinker
アドビ
¥17,800 (2021/12/03 11:21:22時点 Amazon調べ-詳細)

有名なYouTuberさんが使っているのは、Adobe Premiereです。Pro版とElements(簡易版)がありますが、Pro版はサブスクリプションで毎年(月)お金が掛かり、Elementsは買い取りですが、それほど安くもありません。(投稿時点)

動画を作成すると言っても、YouTuberさんのような凝った動画を作成するわけではないので、私にはオーバースペックです。

2.Windows 10付属のビデオエディター

Windows 10に標準で付いている動画作成ソフトウェアです。操作がとても簡単で、家族で撮った動画を編集するのであれば最適だと思います。

しかし、画面に図形を描きたいとか、場面の変更時に効果を与えるなど、最低限欲しい機能がなく、今回は諦めることにしました。

3.AviUtl

いくつか市販の動画作成ソフトウェアを使いましたが合うものがなく、その後にWindowsオンラインソフトウェアのAviUtlを使ってみました。ずばり、これが一番自分に合ったソフトウェアでした。

AviUtlは昔ながらのオンラインソフトウェアなので、インストーラーもなく、自分で環境を整えなければなりません。そのため、パソコンの知識にある程度精通している必要があります。クリエイター向けというよりも、ソフトウェア開発者向けと言えるでしょう。

私はWindowsオンラインソフトウェアを作ってきたので、AviUtlがとても使いやすいです。実際に、図形や場面切り替え効果を実現できました。凝った動画を作成するなら市販のソフトウェアが使いやすいかもしれませんが、私レベルならAviUtlで十分です。

AviUtlの使い方については、詳しく説明されているサイトがありますので割愛します。でも少しだけ、雰囲気だけでも紹介しましょう。

1枚の動画に、何層ものレイヤーを用意しています。上の例では、Layer1に画像や動画、Layer2にテキスト、Layer3に図形、Layer4に画面切り替え効果、Layer5にバック音楽が指定されています。これらのレイヤーを重ねて1枚の動画としています。イメージが湧きやすいですね。

4.2022年は動画を投稿していきます!

AviUtlで動画を作ってみて、結構たいへんだけど面白いことが分かりました。これからソフトウェア紹介に使っていきたいと思いますが、自然を紹介する動画も作りたいと思います。2022年は、動画をアップしていきたいです。