東京アクアティクスセンター ~ Tokyo Aquatics Centre

2021年7月29日

東京アクアティクスセンターは、2020年東京五輪に向けて新しく建設された水泳競技場です。その施設は、現在の国際水泳大会を開くための基準を十分満たしており、今後の日本競泳の中心施設として利用されます。

建設中の東京アクアティクスセンター

高くて大きい天井が特徴で、重さはなんと7,000トンもあるそうです。この屋根は、地面で作成された後、リフトアップ工法によりワイヤーを使って吊り上げられて所定の位置まで移動しました。こうすることで、一般的な工事よりも100億円近く工費を削減したそうです。

東京アクアティクスセンターはプールだけでなくトレーニング設備も充実する総合的な施設となるので、水泳競技の更なる発展が期待されます。

1.アクセス (Transport Access)

JR京葉線(Keiyo Line)の「潮見駅(Shiomi Sta.)」を使うと良いでしょう。

また、東京メトロ有楽町線(Tokyo Metro Yurakucho Line)の「辰巳駅(Tatsumi Sta.)」が、より近いです。