新国立競技場

2021年8月1日

地図は「北海道周辺マップ(非公開)」より

新国立競技場は、2020年東京五輪の開会式と閉会式が行われるメイン会場です。

1964年東京五輪で使われた旧国立競技場は解体されて、同じ場所に新しく新国立競技場が建設されましたされています(現在、建設中)。特徴は、木材が多く使用されていることです。スギやカラマツという日本を代表する木材が使われていて、和風なデザインも各所に採用されています。

そして、日本を代表する競技場ということで、使用された木材は47都道府県から集められたとのことです。そのため、誰にも親しみのある競技場となりそうです。

東京五輪後は球技場として利用する予定でしたが、陸上トラックも残して利用するようです。ぜひ、トラック競技のメイン会場として残して欲しいです。

a******************pさんによる写真ACからの写真

聖火台ですが、競技場内に作られていません。大会では、開会式と閉会式に移動式の聖火台が持ち込まれるようです。しかし、それでは大会期間中に聖火が灯らないので、他の場所にも常設の聖火台が用意されるとのことです。(※お台場エリアに用意されます)

2.アクセス (Transport Access)

JRを利用する場合は、「JR千駄ヶ谷駅(sendagaya Sta.)」もしくは「JR信濃町駅(shinanomachi Sta.)」どちらでも良さそうです。

地下鉄を利用する場合は、都営地下鉄(TOEI TRANSPORTATION)の「国立競技場駅(Kokuritsukyougijyou Sta.)」を使えば、すぐです。

3.近くの名所

新宿御苑
地図は「東京周辺マップ(非公開)」より

日本の代表的な日本庭園である新宿御苑が近くです。ぜひ、見にいきましょう。

4.オープニング イベント

新国立競技場のオープニングイベントが、2019年12月21日に行われます。イベントには、Dreans Come Trueや嵐などが出演します。詳しくは特設サイトで確認してください。

新国立競技場 オープニングイベント ※外部サイトに移動します