M5Stack

前回、M5StickCにHC-SR04を接続して距離計測を行いましたが、距離センサーと表示部が繋がっているため、離れた場所の距離計測ができない問題がありました。

HC-SR04 m5stickc

そこで今回は、距離センサーと ...

M5Stack

車用の距離計を考えています。できるだけ精密な距離を測れるセンサーが良いですが、まずは安いHC-SR04を使ってみることにしました。

そして使用するマイコンですが、今回はM5StickC、その後でRaspberry Piを使 ...

M5Stack

以前にM5StickCでBME280を使用した高度計を作成しましたが、バッテリー切れが早い欠点がありました。

高度計

M5StickCは、ディスプレイが付いてバッテリーも内蔵するため、実用性の高い電子工作が可能です。これがR ...

M5Stack

先日、三脚を使って紅葉の写真を撮っていたのですが、頭上の撮影でシャッターを切るのが結構たいへんでした。これにはリモートスイッチがあれば便利だろうと思ったのですが、リモートスイッチって良く考えると赤外線による制御をしています。

Android開発,M5Stack

さて、いよいよM5StickCのボタンを押して写真を撮ります。

M5StickCからスマートフォンへ通信をすることでシャッターを切る訳ですが、bluetoothにしろ、UDPにしろプログラムが大変だなあと考えていたら、とて ...

M5Stack

COVID19新型コロナがなかなか収まりませんが、これからワクチンの接種が進んで行きます。私は2021年後半になると思いますが、なかなか順番が回ってきません。

そのため、血中酸素濃度(SpO2)の測定ができるようにと、M5 ...

M5Stack

今までも、車載用の速度計をRaspberry Piを用いて作りました。しかし、表示器を設置する場所や、GPSセンサーを受信条件の良い場所に設置するなどの制約で、使い勝手が良くありませんでした。

また、スマートフォンを活用す ...

M5Stack

M5StickCで気圧を測るのなら、拡張モジュールである「ENV II Hat」を使います。その「ENV II Hat」は、気圧だけでなく、温度や湿度、磁界を計測することができます。

私も「ENV II Hat」を使ってみ ...

M5Stack

今までRaspberry Pi(ラズベリーパイ)でモーターを制御してきましたが、Raspberry Piに適した電源の用意が難しいことと、電源とRaspberry Piを接続するケーブルも必要となり、入念な準備が必要な状況です。

M5Stack

前回まで、スマートフォンで取得したデータをM5StickCへUDPソケット通信で送っていましたが、スマートフォンのUDPソケット通信プログラムに後述のような問題があるため、Raspberry PiからM5StickCへデータを送ってみ ...