羊蹄山麓の湧水 ~ 数十年の時を経て麓に湧き出します


地図は「さっぽろ周辺マップ 岩内」より

単体の山としては北海道最大クラスの羊蹄山。その山域に降った雨は地面に浸透し、長い年月を経て麓に湧出します。そして羊蹄山は富士山型のため、四方八方に水が湧き出ているのが特徴です。

その代表的な湧水ポイントを紹介しましょう。

1.京極町 ふきだし公園

京極町にある「ふきだし公園」の湧水は、羊蹄山に留まらず北海道全体で最も有名な湧水です。付近は道の駅を含む大きな公園になっていて、売店や食堂、バーベキュー施設などもある観光地になっています。多くの人がやって来ますが、水汲み場も多く用意されているので困らないでしょう。

水タンクを持参すると良いですが、忘れても売っているので助かります。斜面から沸き出す水の量は多く、これだけの水が地面に蓄えられていることに驚くでしょう。

付近には京極温泉もあり、水に恵まれた場所です。たかが水と言っても、飲んでみると明らかに水道水とは違っておいしいです。ぜひ、味わってみてください。

水を汲みに来る人が多い湧水なので、水質検査はしっかりと行われています。

京極町 公式:http://www.town-kyogoku.jp/kanko-event/fukidashi-park/yuusui/fukidasi-yusui/suishitu/

また、エキノコックスの汚染も北海道では問題になりますが、湧水地点から汲む場所が離れていないため大丈夫だと思います。それでも、京極町のホームページでは煮沸してくださいの記述があります。

私は登山で良く生水を飲みましたが、エキノコックス検査で陽性にはなっていません。流水にエキノコックスの卵?が含まれる可能性は低いですし、感染力も低いので、神経質になる必要はないでしょう。

むしろ、観光客がキツネに餌を与えている風景に出くわすと、感染の危険を感じます。また、実際に感染する人は、ペットを介して感染してしまう場合が多いです。ペットの散歩は、キツネが出没する場所では避けるのが無難でしょう。

2.真狩村 羊蹄山の湧き水


出典:真狩村公式

真狩村には数多くの湧水ポイントがあり、その中でも「羊蹄山の湧き水」は、ふきだし公園にも負けない位の湧出量を誇ります。水汲み場も多く用意してあるため、水タンクへの給水も楽に行えます。

また、湧水場に隣接して豆腐店があり、湧水を使用して作ったおいしい豆腐を購入できます。湧水で作ると豆腐もこんなにおいしくなるんだと教えてくれます。やはり、料理には水の良さが大切ですね。

3.真狩村 泉水源地

真狩村の真狩川上流域にある泉地区では、あちこちに湧水があります。写真の湧水池も大量の水が沸いていて、池の出口からは大量の水が排出されています。

湧水地点は多いですが、水汲み場は残念ながらありません。無理に入って迷惑にならないように控えましょう。

4.倶知安町 ソースケ川

倶知安町駅前には「日本一の水」という水汲み場がありますが、これは水道水です。それでも十分においしいほど、倶知安町は水に恵まれた町です。

その倶知安町の羊蹄山麓にも湧水があります。一番気になったのがソースケ川の湧水で、一度偵察に行ったのですが、立ち入り禁止で見れませんでした。地図では湧水池らしいものがあり、ここから一部地域の水道として使われているようです。

また偵察に行きたいですけれど、今はちょっと遠いのでいつになるか分かりません。

5.まとめ

富士山もそうですが、羊蹄山のような成層火山では、麓に豊かな湧水を育みます。真狩川で釣りをしたことがありますが、数多くの湧水があって清らかな水が豊富なことに驚きました。この水だけでもここに住む価値があると思います。

札幌からも日帰り圏内なので、定期的に水を汲みに来て、日頃のコーヒーや紅茶に利用してみてはいかがでしょうか。