茨戸川 ~ 札幌でワカサギ釣りをするならココ!

2020年11月12日

「さっぽろ周辺マップ 札幌にポイントを追加」

冬になると、北海道にある湖や川の多くが凍り付きます。そして、氷上に穴を開けて仕掛けを垂らして釣る「氷上釣り」が各地で行われます。氷上釣りは初心者でも比較的簡単にできる釣りで、釣れる「ワカサギ」や「チカ」などは天ぷらにするととてもおいしいです。

そんな氷上釣りを、大都会札幌でも楽しめます。札幌市北部を流れる茨戸(ばらと)川は冬に水面が凍り、ワカサギ釣りができます。近いですから、ぜひとも楽しみましょう。

1.茨戸川とは?

うっちん☆さんによる写真ACからの写真

茨戸(ばらと)川は、札幌市の北部、石狩市との境にある川です。地図で見ると分かりますが、すぐ側を石狩川が流れています。つまり、茨戸川は石狩川の跡であって、いわゆる三日月湖です。しかし三日月湖と言えども北海道一の大河である石狩川の三日月湖なので、規模がとても大きいです。そのため、ワカサギ釣りやボート競技のメッカとなっています。

2.茨戸川でのワカサギ釣りの注意

茨戸川に管理釣り場ができました。今までは無料の代わりに道具をすべて用意する必要がありましたが、管理釣り場であれば手ぶらでもワカサギ釣りが楽しめます。

しかし、基本はやはり自前の道具での釣りになります。

茨戸川は管理釣り場ではなく、道具の貸し出しや釣り小屋はありません。そのため、すべて自分でワカサギ釣りに必要な道具を用意して行く必要があります。手ぶらでワカサギ釣りを楽しみたいという人には向かない釣り場です。

釣りポイントはいくつもありますが、アクセスが便利で釣れるポイントを2つ紹介します。

A:川の博物館前

茨戸川の水を海へ逃がす「石狩川放水路」の取り込み口周辺が釣り場です。近くに「川の博物館」があるため、アクセスが便利です。

近くのサーモンファクトリー裏周辺も好ポイントで、アクセスが便利なのでおすすめです。

B:ガトーキングダム裏

ガトーキングダムの裏側を流れる茨戸川のポイントです。ガトーキングダムの対岸が釣り場となるので、茨戸ガーデン側に橋で渡ります。

水の流れがあるため、川の中心の氷が薄い傾向があります。また、川の博物館よりは氷が落ちるのが早いので、氷の状態に注意しましょう。

3.管理釣り場ができた

茨戸川に管理釣り場ができました。「とれた小屋ふじい農場」さんが、冬のレジャーとして茨戸川でワカサギの管理釣り場を始めました。ビニールハウス内で暖かく、道具も借りられてトイレの心配もありません。詳しくは、「とれた小屋ふじい農場」さんのホームページをご覧ください。

4.釣りの道具を揃えたい

miyagi.aさんによる写真ACからの写真

kunimiyasoftの姉妹ページ「kunimiyasoftアイテムセンター」で、ワカサギ釣りの道具の紹介をしています。よろしければどうぞ。

5.冬の風物詩であるワカサギ釣りを楽しもう!

大都市札幌でワカサギ釣りができるなんて、すごく恵まれたことです。もし、南区や清田区、厚別区などに住んでいるとしても、1時間もかからずに釣り場に到着できます。これってすごいことです。

近くには温泉施設も充実していますから、冷えた体を温められます。ぜひ、冬の風物詩であるワカサギ釣りを楽しんでみてください。