Raspberry Pi Pico登場 ~ Raspberry Pi OSを搭載しないマイコンボード

出典: RASPBERRY PI FOUNDATION

Raspberry Pi財団から、新しいRaspberry Piが発表されました。今度のRaspberry Piは、Raspberry Pi OSを使わないマイコンボードで、4ドルという低価格で提供されます。

今までのRaspberry Piは、小さくともLinux系Raspberry Pi OSで動作するパソコンでした。しかし、組み込みではオーバースペックになる場合も多いことから、今回のPicoが発表になったのだと思います。

それでは、詳しく見てみます。

スペック

主な仕様を見てみます。CPUやメモリは、あまり意味なさそうなので省きました。

  • GPIO × 26
  • SPI × 2
  • I2C × 2
  • PWM × 16
  • PIO × 8
  • UART × 2
  • 温度センサー
  • LED × 1
  • USB 1.1 ホスト/デバイス

このように、インタフェイスは結構豊富です。しかし、無線LANbluetoothがありません。私の作りたいものは通信機能を必要とすることが多いので、少し残念なところです。

プログラミング

Raspberry Pi Picoでのプログラミングですが、MicroPythonが推奨されているようです。しかし、私はPythonをできるだけ使用しない方針なので、もう一つ用意されている「C / C++」を使う予定です。やっぱり、C言語でしょう。

Raspberry Pi財団のサイトで、開発のための解説があります。

Raspberry Pi Picoはマスストレージに対応しているので、PCに接続するとUSBメモリのように見えます。

よって、サンプルプログラムは、Raspberry Pi Picoのストレージにコピーするだけで動作します。SDKの設定方法も載っているので、プログラムは思ったほど難しくはないのではと思っています。

日本で購入するには?

Raspberry Piでおなじみの「スイッチサイエンス」さんと「KSY」さんで取り扱いしてくれます。価格は、税込み550円ほどになりそうです

Wi-Fi接続なしの用途ではアリか

Raspberry Pi Picoですが、先ほども言ったとおり、無線通信機能がありません。それでもGPIOが26個もあることや、SPI/I2C/PWMなどのインタフェイスも豊富ですので、用途によってはM5Stackよりも柔軟なプログラムが作れそうです。

今取り掛かっているものがあるので先になりますが、私も使ってみたいと思います。