日本の寒い街ランキング (※独自判断です)

温暖化で暑さばかりが注目される昨今ですが、冬の寒さが半端じゃない街も日本にはあります。

そこで、kunimiyasoftの独自判断で、日本の寒い街ランキングを付けてみました。それでは、紹介しましょう。

第1位:旭川市 江丹別

地図アプリ「さっぽろ周辺マップ 正式版」より

日本で最も寒い街第1位は、旭川市江丹別でしょう。旭川市は日本で一番寒い記録(-41°C)を持っていますが、都市化の進んだ今は氷点下20度以下が年に数回程度しかありません。しかし、旭川市街から離れた盆地地形の江丹別地区は、今も氷点下30度以下を記録します。

そして地球温暖化が進む最近の2020年氷点下36度を記録しました。氷点下30度以下はなかなか出なくなった北海道ですが、江丹別ではそれほどめずらしくないです。また、日本の寒さ歴代記録の第3位(-38.1°C)の記録を持っていることから、現在の最も寒い街第1位とさせていただきました。

このように寒さで突出した江丹別ですが、2021年に最高気温38.4度を記録しました。これは、北海道の最高気温記録で第6位?になります。江丹別は、日本を代表する気象の特異点と言えるでしょう。

第2位:幌加内町

地図アプリ「さっぽろ周辺マップ 正式版」より

日本で寒い街第2位には、幌加内町を選びました。こちらも、氷点下30度以下になる寒い街です。そして、幌加内町本町も寒いですが、朱鞠内も寒く、この二つのアメダスは、しばしば全国1位の寒さになります。また、寒さ歴代6位氷点下37.6度の記録もあります。さらに非公認の記録まで含めると、母子里氷点下41.2度を記録しています。

そばの生産が北海道一です

そして、第2位に押した理由として、雪の多さがあります。幌加内町は、北海道で最も雪が多いエリアです。冬のつらさでは、寒さよりも雪の多さの方が大きいです。そのため、寒くて雪が多い幌加内町は、冬が最も過酷な街と言えるでしょう。

第3位:陸別町

地図アプリ「さっぽろ周辺マップ 正式版」より

日本で寒い街第3位には、陸別町を選びました。一般的には、日本で一番寒い町として知られていると思います。近年の北海道は、寒さが持続しないことが多くなりました。ここで述べた上位2地点も、寒気が入って突発的に氷点下30度以下になるのですが、寒気が抜けると氷点下20度にも満たない日になります。

しかし陸別町は、安定的に寒さが持続します。氷点下25度前後ずっと続く街は、陸別町しかないでしょう。陸別町の寒さが日本一というのは、平均的な寒さが日本一ということです。これが極値になると、氷点下33.2度が最高で、これは北海道では平凡な記録です。これが第3位になった大きな理由です。

また、オホーツク流氷が訪れると安定して寒くなります。その影響を陸別町も少ないですが受けるようです。それも流氷が接岸する期間が短くなったので、影響が少なくなったと思います。

陸別町では毎年「しばれ祭り」が行われて、一夜を雪室で過ごすイベントがあります。過酷ですが、一度は寒さを体験してみてはいかがでしょうか。

他の寒い町は?

他に寒い街も挙げてみます。

占冠村は、2000年代に寒さが目立った街です。しかし温暖化が進んで、北からの寒気が高山に遮られる場所は、気温の下がり方が鈍くなったような気がします。占冠村は上川地方の中では南側にあるので、最近目立たないのかもしれません。

歌登町は一時期日本一の寒さを連発していましたが、ここ最近はあまり目立ちません。海流の問題や流氷の問題なのかもしれません。

札幌の隣町の喜茂別町は、突発的に氷点下30度以下になります。ここも盆地地形ですが、意外性が高いですね。

これら以外にも寒い街はいくつもあります。天気のニュースで気に掛けてみてください。

内陸中核3都市は?

北海道の中核都市で、旭川市帯広市北見市寒い街として知られています。旭川市日本で一番寒い記録を持っていますし、帯広市第2位氷点下38.2度の記録があります。北見市には気象官署がなくて、アメダスのみです。

これら3都市の冬の寒さは、2004年までほぼ似たような数値でした。ところが、旭川市の気象台が街中心部から離れた位置に移転し、以前より寒い値が出るようになりました。そして、北見市のアメダスが2016年郊外へ移転されると、氷点下30度近くまで下がるようになり、ダントツの寒さを記録するようになりました。

このように、アメダスのある場所で、気温は大幅に違ってきます帯広市においても、周辺アメダスや民間の観測で、今でも氷点下30度近くまで下がります。何かアメダスのある場所の基準を作るべきだと思います。

現在は、北見市の寒さが1番で、旭川市は突発的な寒さがあり、帯広市は平均的な寒さがあるという感じです。旭川市帯広市は、氷点下20度以下の日が少ないです。

本当に寒いのは、風があって太陽が出ていない日

氷点下20度以下になる日は、晴れていて風がなく、放射冷却が進んだ日です。このような日は、太陽の暖かさを感じて、それほど寒いといった感じはありません

ほんとうに寒く感じる日は、太陽が出ていなくて風が強く、地吹雪が荒れ狂っている日です。このような日は氷点下一桁でも、死ぬほど寒いです。

また、地球温暖化が進んでいますが、必ずしも冬が暖かくなるというわけではないようです。確かに平均的には暖かいですが、突発的な氷点下30度以下が増えてきた感じがします。気候が極端になってきているのでしょうか。

以上、寒い街について紹介しました。皆さんも、一度は氷点下20度以下の世界に触れてみてはいかがでしょうか。