東京オリンピック 札幌マラソンコース決定!

2020年10月11日

「JSMAP2で作成した地図をベースに作成 マラソンコースは緑の破線 ※」

東京から札幌へ移転になった東京オリンピックマラソン競技ですが、ようやくコースが決定しました。最初は札幌ドームに始まり、次に新川通りとコース選定は二転三転しました。しかし、ようやく決定したことで、選手や関係者も一安心と言ったところでしょう。

そこで、独自GISのJSMAP2を使って、マラソンコースの地図を作成してみました。(まだ、仮作成です)

※「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図(国土基本情報20万)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平30情使、 第855号)」

1.大通り公園を2周する

photoBさんによる写真ACからの写真

スタートは、大通り公園の駅前通りからです。スタート後は、なんと大通り公園を2周します。走り始めなので、走者はペースを取りにくいのでは?と思います。

見る方は走者の全体像を確認出来て良いですが、走者は90度コーナーが多くて大変でしょう。

2.大通り公園を離れて南下する

中村 昌寛さんによる写真ACからの写真 中島公園

大通り公園を2周した後は、南下します。「すすきの」を通り、中島公園へ向かいます。中島公園を過ぎると豊平川を渡り、「白石・環状通り」へ出ます。

3.東へ進路を変える

「白石・環状通り」からは、進路を東へ変えます。しかし距離は短く、国道453号線までで終わりです。

4.北へ向かい、大通り公園へ

ハダシストさんによる写真ACからの写真

国道453号線からは、北上します。再び豊平川を渡って創成川通りに入り、札幌テレビ塔の前まで戻ります。

5.さらに北上する

札幌テレビ塔を過ぎても、さらに北上します。道は国道5号線になり、道道89号線と交差するところまで行きます。

6.進路を西へ

道道89号線からは、進路を西に取ります。新川通りまで行きます。

7.新川通りから北海道大学キャンパスへ

YOKO.Mさんによる写真ACからの写真

新川通りからは、進路を南へ取ります。そして新川通りを少し進んだところで、北大のキャンパスに入ります。キャンパス内なので、道はジグザグを繰り返して南下します。キャンパス内をくぐり抜けた後、北8条通りへ出ます。

8.旧道庁前を通ってスタート地点へ

さらに南下を続けて、旧道庁の前を通ります。そして、大通り公園のスタート地点まで戻ります。

9.北半分のコースを2周する

スタート地点まで戻ったら、南のコースには行かないで、大通り公園を東へ進みます。そして、前述のコースに合流したら、再び北のコースへ入ります。この北半分のコースを2周します。

2周して大通り公園に戻った地点がゴールです。お疲れ様でした。

10マラソン競技を応援しよう!

中村 昌寛さんによる写真ACからの写真 旧道庁

北海道に住んでいるので東京オリンピックはテレビで見て応援かなと思っていましたが、札幌でマラソンが行われるなら応援に行こうかと考えています。

確かに札幌駅や大通り公園付近は大混雑すると思いますが、周囲が20kmもありますから、空いていそうな場所で応援してはいかがでしょうか。

マラソンコースを反映した地図アプリ「さっぽろ周辺マップ」用の外部地図も、いずれ作成しようと思います。ぜひ、さっぽろ周辺マップも使ってみてください。

※東京オリンピックの2020年開催は1年延期になりましたが、恐らくこのまま変更なく実施されると思います。