馬事公苑 ~ 日本の馬術発祥の地です

2020年8月6日



「東京周辺マップより 馬事公苑は8番」

馬事公苑は、都心から少し離れた世田谷区にあります。馬事公苑の始まりは、幻となった1940年東京オリンピックに向けて騎手育成の場と馬術会場として作られました。そして、1964年の東京オリンピックでは晴れて馬術の競技会場となり、2020年の東京オリンピックでも再び馬術競技の会場となります。

日本の馬術における聖地として、今後も使われていくでしょう。

1.行われる競技

オリンピック競技

馬術:2021年 7月24日、25日 7月27日、28日 7月30日~31日 8月2日~4日 8月6日、7日

2.出場選手

決まり次第、反映します。

3.見どころ


出典:youtube

馬術競技を紹介する動画が公開されています。

4.アクセス

電車の駅は少し遠いです。バスが良いですが、会場までのアクセスが用意されると思うので、決まり次第追加します。

東急田園都市線「桜新町駅」下車徒歩約15分
小田急線「経堂駅」下車徒歩約20分
東急バス 渋23、渋24「渋谷駅」から乗車、「農大前」下車徒歩約3分
小田急バス 渋24、渋26「渋谷駅」から乗車、「農大前」下車徒歩約3分
東急バス 園02、用01「用賀駅」から乗車、「農大前」下車徒歩約3分
東急バス 等11「千歳船橋駅」から乗車、「農大前」下車徒歩約3分

出典:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会