2020年東京オリンピックまで、あと1年です!


「ヘリテッジゾーン」

いよいよ2020年東京オリンピック開催まで、残り1年となりました(投稿時点)。出場選手も決まり始めて、盛り上がりを見せています。そろそろ誰もが東京オリンピックへ向けて準備をしても良い頃ではないでしょうか。

kunimiyasoftのAndroidアプリケーション「東京周辺マップ オリンピックエディション」では、オリジナル地図の上に2020年東京オリンピックで使用される競技場がプロットされており、その番号をクリックすると競技名と日程が表示されます。Androidユーザーの方は、ぜひインストールしてみてください。

2020年東京オリンピックで使用される競技場のある場所は、大きく2つのエリアに分けられます。

まずは、「ヘリテッジゾーン」というエリアに競技場が集まっています。これは、1964年の東京オリンピックで使われたレガシー資産を活用するエリアです。代々木競技場や東京体育館、日本武道館などでは、今回の東京オリンピックでも競技が行われます。また、新国立競技場(オリンピックスタジアム)は新しくなりましたが、日本らしい和のテイストを持つ立派な競技場になりました。


「東京ベイゾーン」

そして、「東京ベイゾーン」というエリアにも競技場が集まっています。こちらは新規の施設を主体とするエリアです。有明アリーナや東京アクアティクスセンター、有明体操競技場など、これからの時代を支えていく施設が集まっており、2020年以降の日本を代表する文化の中心地となりそうです。


「江の島:セーリング競技」

これら2つのエリア外にも競技場はあります。神奈川県や千葉県、埼玉県などの東京都周辺にある競技場が使われますし、サッカーでは全国の競技場が使われます。そのため、東京都以外に住む人でも楽しめるでしょう。

競技場や競技日程など詳しい内容は、以下のページに用意しました。

東京オリンピック特設(「東京さんぽ」ページ内に用意)

ちなみに、地図にはカメラマークが点在していますが、これは観光地や名所、穴場ポイントなどを表します。クリックするとポップアップして内容が表示されます。特に奥多摩周辺が充実しているので、探してみてください。

1年前に合わせて、オリンピックメダルのデザインも公表されました。ここでは写真を載せることができないので、東京オリンピック公式サイトで確認してください。

東京2020公式

これからみんなで、2020年東京オリンピックを盛り上げていきましょう。